最初にどれぐらいのお金がかかるか

エスプレッソマシン

カフェを開業を本格的に考えているならば、十分なお金をためておかなければいけません。お店オープンさせる場合には、まず最低限場所が必要になります。場所は、土地を購入する必要はないものの土地を借りるため賃貸契約を結ぶ必要が出てくるでしょう。ある程度お金がまとまっていれば少し規模の大きい店でも問題ないですが、そうでなければ可能な限り小さなお店からスタートしてみましょう。大きなお店にするかどうかは、小さなお店からスタートしてもうかった後に考えればよい話です。この時の賃料は程度知名度のある駅前ならば、15万円から20万円ほどと考えておいた方がよいです。それ以外にも、お店のリフォーム料金や設備や備品などを集めていくと、500万円以上かかります。この時に、お金がかかるからといって理想としているお店のコンセプトから外れるような設計は避けた方がよいです。

購入がよいのかそれともレンタルがよいのか

カップ

カフェを開業させるためには、建物や土地も必要になるものの備品や設備などもたくさん必要になります。特に、冷蔵庫や冷凍庫などは購入するとかなりのお金がかかってしまうことになるでしょう。そこで、これを防ぐためには備品などを購入するよりもリースを利用した方がよいことが考えられます。リストは、レンタルとは少し異なり新品の商品を借りることができる点です。レンタルの場合は、備品や設備を借りるにしても中古品が使われているのが基本になります。一方リースの場合には、新品の商品を借りることができるため故障の可能性も少ないでしょう。

立地をよく考えること

カフェ店員

カフェを開業をする場合には、立地が重要になります。いくら駅前であっても、すぐそばに似たような雰囲気の店があるとすれば新しいこと以外に優位性がありません。つまり、ほとんどのお客さんは別の店に行ってしまうことが考えられます。これをすぐためには、単に駅前にこだわるのではなくライバルが少ないところを目指すことが大事になります。例えば、大通りにもかかわらず、周辺にコーヒーが飲めるようなお店が少ないところならばれてその地域を独占したも同然といえるでしょう。

お金を借りることも可能になる

コーヒー

これからカフェを開業をするにあたり、必要なもののひとつはお金になります。お金さえあれば、とりあえずどのような備品や設備でも整えることが可能になるからです。とはいえ、簡単にお金が手に入れば苦労しません。もし持ち金がない場合には、悲観的になるのではなくだれが貸してくれるかを絞り込むことが必要です。この点に関しては、銀行がお金を貸してくれるのではないかと考える人もいます。確かに、銀行はお金を貸すのが仕事であることは間違いありません。ですが、商売を始めたばかりの信用がない人にはまずお金を貸してくれないでしょう。この場合、国が運営している公庫を利用する方法も考えられます。

広告募集中