HOME>アーカイブ>自分の店を持つ事をフランチャイズ加盟により安定させる

フランチャイズ加盟による恩恵

カフェ店員

カフェの開業には店舗建築費や物品等平均で1000万円近く必要になります。独自に開業する際は非常に多くの手間は必要ですが、フランチャイズに加盟して開業する際は、それらの手間を軽減でき費用も半額とはいきませんが軽減できます。フランチャイズカフェを始める際には、まず加盟料が必要です。本部が培ったノウハウやブランドを得る為の費用であり、継続してではなく1回きりの支払いです。小型店舗で100万円程で、大型店舗で300万円程が相場になっています。フランチャイズ加盟する事は、そのブランドの味を出さないといけない事です。その為2か月程の事前研修が行われますので、研修費や宿泊代は自身で持たないといけません。そして保証料も必要で債務不履行の際はそこから支払われ、特に問題が生じず契約が終了したら戻ってきます。経営指南や店の内装、様々な手続き等のサポートを受けられ、自分の店を開業する事ができます。1人で開業するよりも安くお店を構える事ができ、ブランド力を得ているので最初から信頼性があるお店で始められます。

有名店の力を活用する事で得られるメリット

カフェ店員

カフェを開業する事は非常に勇気がいる事です。成功していれば収入は増えますが、集客が滞れば収入は当然減り生活は苦しくなります。収入が不安定では経営は不安ですが、フランチャイズに加盟する事で不安は払拭され安定します。フランチャイズに加盟する事で様々な不安をなくす事ができます。その最たるものが集客率と仕入れルートの確保です。最初から知名度のあるブランドなので集客に苦心する事はありません。すでに信頼感もあるので知名度の心配はなく、何もしなくても一定の客は足を運んでくれます。それは収入や経営の安定に直結します。そして仕入れルートですが、カフェ経営では非常に重要で品質と値段を比較して選ぶので決める事すら難しい作業です。ですがフランチャイズでは有名店が活用している仕入れルートを使用できるので、安心して活用する事ができます。

広告募集中